.

商店でどれものカードが使えるわけではありません。

◇クレカの加盟店は一般的には多くのクレカサービスとライセンスを結んでいるんですが、いかんせん一軒一軒の契約店舗で一切の使用できるのでもありません。

つまり昔ながらの商店の際だとJCBロゴの入っているそのカードしか使用不可な場面もあるし、最近の契約店の場合だとビザとかマスターカードロゴの入ったクレカしか使えない場合もよくあります。

ディスカバーカードといったクレジットカード会社の場合には、増して使用できないお店が増えるんじゃないでしょうか。

どの印のクレカが使えるかをどうやって判断するといいんだろう?「ならいかなる方法でどのロゴのクレジットカードが決済可能かというのを見分けると良いのか?」といってみても確実にチェックするためにはショップの従業員に確認してみる以外にはないていうのが正直なところその回答です。

ただおおよその店やフードコートには加入店の目につきやすいところとかに決済できるクレカ会社の印がプリントされているシールが貼り付けられているから「ふーん、その店舗ではJCBが決済できるんですね」といったことが分かりやすいようにされているし記憶にとどめておいていただけるとよいと思います。

とはいっても、きっちりと加入管理が出来ていない店舗で決済する場合には、ロゴマークが掲示されている店舗でも「当店舗ではご使用のクレカはお受けいたしかねます」という答えをもらう状況もあるため困惑してしまう場合だってあるでしょう。

贅沢をいえばできる限りは全ての加盟店でカードが決済できるようにする目的を考えると、もう一つのロゴ(欧米圏の印)がはいった一般的なマスターカードダイナースカード、アメックス、などのクレジットカードを複数財布に入れておくようにして欲しいと思います(例:ライフカードをすでに持っているなら二枚目は銀聯カードがついているクレジットカードを持つといった方法)。

とりわけ日本においてはVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの契約が書かれているカードをそれぞれ使っていれば、おおむね99%以上の加盟店舗でなにがしかのクレジットカードを差し出すことが可能です。

クレジットカードを使って有効にカードライフを続けるつもりならば、確実にこれらのクレジットカードを申し込んでおいていただきたいと思います。