.

よくあるFX投資の雑誌では、「損失を被った時にはナンピンをすることによって全体の買い付けコストを下げることができる」と説明されていたりしますが現実にはそれには相当の危険が隠れています。

ナンピンの原理に関して手短に説明します。

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

$買いなので、ドル高に進むほど黒字が出るわけですが95円まで円高・ドル安に推移したとします。

そのままの場合保持し続けたとしたらプラスになるためには損失分円安ドル高に向う必要があります。

誰もが、損は早急に回復したいと願います。

ここで最初に注文したのと同じ分の$を1ドル=95円で買います。

これで、ポジションの買い付け単価は97円50銭まで引き下げることができます。

これで、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば、損失を回復する事ができます。

これが、ナンピン買いの理屈です。

このとおり、ナンピン買いの方法を理解すると、「確かに」と考えたりするが、そう易々と問屋を卸してくれない。

そもそも、1ドル95円が底だということなど、誰にも分かるわけがありません。

仮に、マーケットが相当に強いドル安傾向だったら1ドル95円では下げ止まることなくさらに一層ドル安に進む危険性は高いです。

たとえば、97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピンした分にも損失が生じてしまいます。

この状態では、一番初めに保有したポジションと合わさって倍のマイナスが生まれる事になります。

それほど、ナンピン買いは大変です。

ならば、マーケットが自分自身のストーリー展開とは別の方向にさっさと進んだ場合、どのような術でリスクを管理すればいいのでしょうか。

そこで選択できる道は多くはありません。

まずひとつは潔くあきらめてポジションを諦める事です。

もうひとつは今現在、所有している買いポジションを減らす事で、再びマーケットが元のようになるのを待つことだ。

ちょっと消極的な方法だとみる人もいるだろう。

しかし、自分のポジションに損が出た時リスクが低い対策はこれよりいいものはありえません。

勿論、ロジックのうえではナンピン買いを入れるという手段もありえます。

しかしながらナンピンは、あなたがマイナスになっている場面で買いポジションを減らすどころか、逆にポジションを積んでいく対策です。

それでは、危機をコントロールすることなどとても無謀だと考えるべきです。

ナンピンをしていけばやがては勝てるかもしれません。

しかし、そうなる前にお金はショートしてしまうだろう。